薬剤師転職サイト・公式好評ベスト|50歳60歳以上・評判比較選び方 | [暮らし・生活] お役立ち情報サイト

薬剤師転職サイト・公式好評ベスト|50歳60歳以上・評判比較選び方




【2020.3.9更新】

 

薬剤師転職サイトを厳選!年収アップ、薬剤師求人サイトの選び方まとめ

薬剤師転職サイト|求人募集の情報・年収時給の比較・女性の育児事情・ファルマスタッフの紹介・調剤薬局・病院・企業派遣社員・短時間パート・アルバイト登録 


 

薬剤師転職サイトの口コミ・評判、人気の信頼できるランキングから年収、給料のアップする薬剤師求人サイトの選び方・リンク集をまとめました。
ハローワークにはないオススメの薬剤師募集案件、薬剤師求人情報を探すコツが分かります。

関連画像

 

薬剤師の転職事情

薬剤師が転職を考えた理由

①結婚・出産・育児・介護などプライベートな問題
②仕事内容の不満
③労働時間休日等の条件が不満

その他、職場の人間関係、会社の将来性、給料の不満

薬剤師は女性が多いので、結婚・出産・育児などの理由がトップです。
男性の薬剤師は給料や仕事内容が理由になることも。

関連画像

転職時の情報源

①インターネット求人・転職情報サイト
②人材紹介・派遣会社
③薬局・企業のホームページ
④新聞や折り込みの求人広告
⑤ハローワーク

インターネットで情報収集後、人材紹介・派遣会社に相談するケースが多いです。
出典http://at-job.jp/matome/2

 

薬剤師が良い薬局へ転職する際に重要な転職方法の手順です

 

まず見るべきところは、時給です。

やはり、どのくらいの報酬がもらえるのか、と言うことが一番大事です。職場環境も大事ですが、それは実際に入ってみないことには、体感のしようがありません。

ですから、とりあえず、時給の高い順からいくつか候補を確保しておいて、何個か応募するのが良いでしょう。薬剤師求人情報は、他にもいろいろな方法で手に入れることが可能です。

例えばインターネットです。インターネットでは薬剤師に限らず、いろいろな求人があります。ですから、当然、薬剤師の求人もあるのです。しかも全国レベルで調べることが出来るのです。

「薬剤師 イラスト」の画像検索結果

 

目的によって転職先が変わってくる

今の仕事より年収が50万円アップする仕事

・勤務地が自分の生活圏内

・キャリアアップの為に、希望する業務がある

・会社の労働環境など
出典https://www.resign-work.com/first-change-of-occupation

 

転職活動の中では、様々な情報を処理し選択する事が求められます。

中には、意図していない好条件の求人に飛びついてしまいそうになる時もあります。

そんな時に、しっかりとした目的を持っていないと、様々な情報に振り回されてしまう恐れがあります。

 

転職の目的に優先順位をつける

年収が50万円アップする会社が3社あった時にあなたはどうしますか?

単純に最も年収が高い会社に転職しますか?

仮に優先順位2位の目的に

・勤務地が自分の生活圏内
があったとしましょう。

そうすると、3社の中から判断する材料が増える訳です

転職する時期を設定する

転職活動を開始してから、いつまでに内定をもらうのか時期を設定しましょう。

転職のゴールである、転職先の入社時期を設定します。

そのタイミングを設定して、先に退職の意思を示しましょう。

関連画像

 

薬剤師の求人はどこにある?

転職というものはなかなか面倒でストレスのかかる作業です。

現在の会社を円満退社するために調整をしつつ、次の会社を探さなくてはなりません。

自分で求人を探すのはとてもメンドクサイです。体験してみると実感しますよ。

さらに「その会社が自分に合うのか」調査するのは、本当に骨が折れます。

転職サイトをのぞいて見てください。時給4500円以上の求人がゴロゴロありますよ。

「空白の2年間」(薬学部6年制への移行期である2010年~2011年)が開けた当時と比べると、落ちついてきている感じはありますが、まだまだ薬剤師バブルは続いています。

「薬剤師 イラスト」の画像検索結果

 

薬剤師の求人は意外と街のあちこちにあるものです。

調剤薬局やドラッグストアにいくと、「薬剤師さん募集!」「パート、アルバイト募集!」と書かれたポスターが目に止まります。

さり気なく貼ってあるので「スルーされそう」と感じますが、実はそうでもありません。店舗に貼られたポスターから応募してくる人は多いのです。

 

企業のホームページから応募

大手チェーンのホームページには、必ず「採用情報」のコンテンツがあります。各社、キレイな写真やカッコいいモデルの薬剤師を使ってかなり気合をいれてコンテンツが作られています。

仕事を探している薬剤師には魅力的にうつりますよね。

企業のホームページから、メールで人事部に直接コンタクトできるようになっています。メールをすれば、早ければその日のうちに返信が来ますよ。

 

フリーペーパー

街のフリーペーパーなんかにも、薬剤師募集がありますね。看護師のほうが圧倒的に多いですが。

こういったところで求人を見つけるのもいいですが、情報が少なすぎる点が不安要素です。

必ず他の方法でも調査しましょう。

 

友人・知人に聞く

薬剤師の友人・知人が多いなら、紹介を受けるという方法もあります。

病院に勤めていると、欠員が出た場合に課長から「知り合いで薬剤師いないかな」と相談されることがあります。

 

薬剤師会のサイト

薬剤師会のサイトに求人があることを知っていますか。

地味ですが、意外と穴場だと思います。

例えば愛知県病院薬剤師会の「求人情報」を眺めてみると、多くの病院が求人を掲載していることが分かります。

がん専門薬剤師などを育成するような大規模の病院でも、薬剤師会サイトの求人情報に掲載されていることがあります。

 

ハローワークに通う

ハローワークでも薬剤師の求人は扱われています。

ハローワークの利点は「雇用保険手続き(失業給付など)」が受けられること。

「仕事を辞めてしまったが、転職活動中である」人は、失業保険を受けられる可能性が高いです。

 

人材紹介会社の転職サイトに登録する

マイナビ、リクナビなどCMで耳にしたことはあるでしょうか?

これら人材紹介会社は、求職者を企業に紹介することで報酬を得ている会社です。

人材紹介会社には薬剤師を専門に扱うセクションがあります。それが、マイナビ薬剤師、リクナビ、薬キャリ(エムスリーキャリア)などです。

冒頭でも説明した通り、今は空前の薬剤師バブル。多くの薬局が薬剤師を求めています。そのため、薬剤師を紹介してくれる人材紹介会社が非常に必要とされる時代なのです。

 

薬剤師の転職体験談!やり方やポイントを経験談付で解説

企業の開発職を休職、子育てブランクを経て調剤薬局へ転職

関連画像

(40代・東京都・調剤薬局)

ファルマスタッフを使った理由は調剤薬局の求人情報が業界でもかなり多いと言うことを聞いたので選択しました。

昔就職活動をしていた頃と比べ、今は全てがインターネットを通して行うことができるので、非常に楽に転職活動が行えました。
出典https://matome.naver.jp/odai/2154431099093671001?&page=1

 

育児休業や時短に理解の無い薬局からファルマスタッフの紹介で転職

 (30代・兵庫県・調剤薬局)

人員不足のため、産休前の勤務先とは別の店舗で復帰になり、育児休業法の原則を遵守することが難しい会社の現状がありました。

会社に育児のための時短勤務について確認するも、なかなか理解を得られない状態で、挙句の果てには社長から「夜仕事ができないなら給料を減らす」という主旨の話をされたので、もうこの会社では働けないと判断し、転職を考えることにしました。
出典https://matome.naver.jp/odai/2154431099093671001?&page=2

 

夫の転勤を機にファルマスタッフを利用してクリニックの門前薬局へ転職

「薬剤師 イラスト」の画像検索結果

 (40代・埼玉県・調剤薬局)

夫が転勤することになったため、地方へ引っ越すことになり、それまで勤めていた薬局を退社しました。引っ越し後、しばらくは新しい土地で生活基盤を整えることに集中するため、仕事に就くのを控えていました。

しかし、徐々に生活が落ち着いてくるにつれ、せっかくの薬剤師資格を眠らせておくのももったいないと思うようになり、復職を決意しました。復職するにあたっては、家庭と両立できるよう無理のない範囲で働きたかったので、自宅から近くて交通の便の良い立地にあり、バート勤務できる薬局を探すことにしました。
出典https://matome.naver.jp/odai/2154431099093671001?&page=2

 

育児中の女性薬剤師が働く職場へ正社員として転職できました

関連画像
 

派遣社員から正社員への転職を目指してファルマスタッフを利用したはづきさん。

出産・育児というキーワードからはパートや派遣を連想しがちですが、フルタイムで働きたい薬剤師ママさんに理解があり、出産・育児休暇が取れるしっかりとした体制が整っている会社が見つかるので有れば、総合的に正社員の方が有利であることは間違い有りません。

しかし、条件の良い求人は急には見つからないので、はづきさんのように余裕があるうちに将来的なことを踏まえて転職エージェントに相談しておくというスタンスは非常に良いと思います。
出典https://matome.naver.jp/odai/2154431099093671001?&page=2




 

ママ薬剤師、ファルマスタッフを利用して長いブランクから復帰

関連画像

せっかく薬剤師になりたいと思って4年間大学に行き、必死の思いで資格をとったのだから、長い間働きたいと思いつつ過ごしていましたが、夫が転勤族で全国への異動の可能性がありなかなか働くことができませんでした。下の子が小学校にあがったのをきっかけに、しばらくこの土地にもいられそうだということで、復帰をしようと考えました。子供が自立していくに従い、自分もだんだんと子離れしていかなければならないと思ったのも大きな要因です。
出典https://matome.naver.jp/odai/2154431099093671001?&page=2

 

転職で後悔しない!薬剤師転職支援サイトの活用方法

薬剤師が転職活動をする際に、是非上手に使いたいのが転職支援サイトです。もちろん、現在の薬剤師求人市場は人手不足ですので、こうした支援サービスに頼らなくても転職先を見つけること自体は難しくないでしょう。

ですが、自分一人の力で転職先の情報収集をしたり、自分一人で履歴書作成や面接対策を行うのでは、よりよい転職先に巡り合えるチャンスを自分から捨てることになります。

年収のアップする薬剤師求人サイトの選び方

薬剤師転職サイトは、次の5つの基準で選ぶとよいでしょう。

①全国展開していること
②利用者満足度は90%以上であること
③転職業界の大手の会社もしくは大手医療会社の関連会社であること
④求人数が多く、非公開求人の質が良いこと
⑤サービスの口コミ・評判が良いこと

 

薬剤師の転職を成功させる3つのポイント

■薬剤師で好待遇の転職は今がチャンス

今、注目の薬剤師は、企業の調剤事業の強化やドラッグストアの増加、また薬学部6年制による人材不足などあらゆる要因が重なり急激に需要が高まりました。

それにより、薬剤師の転職は空前の売り手市場を迎え、年収や時給アップを狙うことが比較的簡単になってきております。

特に今の時期は、給与、福利厚生、勤務時間、その他、求職者にとって「理想の職場」と言える求人が首都圏、地方に関わらず増えてきております。

好待遇の転職を成功させるためには、今が絶好のチャンスと言えます。

■職場を選ぶ前に自分に合った転職サイトを選ぶ

薬剤師の転職サイトは一見すると同じように見えますが、その中身は、求人情報はもちろん紹介会社としてのサポートの特長が明確に違うため、まずは自分にあった転職サイトに登録するしないで大きく変わってきます。

特に常勤、非常勤、派遣などの勤務・契約形態、また調剤薬局や病院などの施設形態は得意・不得意がはっきりしているため、希望する条件に強い転職サイトに登録するようにしましょう。

ただし、薬剤師専門の転職サイトだけでも数え切れないほどあるため、当サイトでは実績のある薬剤師専門の転職サイトの中から厳選し、さらにその中でもそれぞれの特長を比較し、今もっともおすすめしたい転職サイトをご紹介いたします。

■2つ以上の転職サイトを活用することが重要

求人数は転職サイト選びの重要な指標のひとつですが、その求人の全てが必ずしも良いかというとそうではありません。

給与は高くても1人薬剤師のような業務量や、人間関係の悪い職場環境などたくさんあります。

また逆に求人票では高い給与でなくてもすぐに大幅アップするような隠れた優良求人などのその職場に精通した転職エージェントだけでが持つ良い情報も多くあります。

当然、求人サイトによって、その情報の深度には差があり、またあなたに合った職場としてどこを紹介されるかは大きく変わってきます。

職場を選ぶ前に求人サイトを慎重に選ぶと同時に、1社だけではなく複数社を活用することも転職成功の重要なことです。当サイトでは最低限2社活用することをおすすめします。
出典 薬剤師に評判の良い求人サイト

 

薬剤師転職サイトを厳選!薬剤師求人サイトリンク集

今、注目の薬剤師で好待遇なら登録必須の求人サイト

 

薬キャリ

登録必須!利用者数、評判ナンバーワンの求人サイト

薬剤師の年間登録者数がナンバーワンの薬キャリは、優良な求人情報が豊富にあるため、希望するエリアや年収(時給)、勤務時間などの条件を全て満たした好条件の求人との機会損失はほぼないと言えます。

とりわけ調剤薬局に強く、正社員だけではなく、数少ない派遣やパートなどの求人も扱っており、働き方の選択肢が多い点も評判となっています。

また、登録後に紹介される非公開求人の質も高く、多くの方に利用されている定番の紹介サイトとして納得できるはずです。

まずは求人情報を集めたい方、すぐにでも転職・就職を決めたい方のどちらも登録必須の求人サイトです。

総合評価96点 ★★★★★
対応エリア全地域、全国
雇用タイプ正社員、契約社員、派遣社員、パート
登録方法WEB登録(1分|無料)
公開求人数42,864件 ※非公開求人あり
対応業種調剤薬局、ドラッグストア、OTC、病院・クリニック、企業
おすすめ層薬剤師で求人をお探しの方、まずは情報収集からでもOK

 

マイナビ薬剤師

サポートが手厚く、条件交渉の強い味方

丁寧なサポートが好評のマイナビ薬剤師は、楽天リサーチの調査でなんと5年連続、利用者満足度1位を獲得した人気の転職サイトです。

求職者の立場に立った給与アップや勤務時間などの条件交渉が圧倒的に強く、多くの利用者からも大変支持されています。

自分だけでは各薬局や企業に対しての給与交渉の相場がわかりにくいということもあり、はじめての転職活動をする方から、今の職場に不満がありステップアップを狙うベテラン薬剤師の方まで、幅広い求職者におすすめのサイトです。

総合評価88点 ★★★★☆
対応エリア全地域、全国
雇用タイプ正社員、契約社員、パート
登録方法WEB登録(1分|無料)
公開求人数42,526件 ※非公開求人あり
対応業種調剤薬局、ドラッグストア、OTC、病院・クリニック、企業
おすすめ層次の職場で給与アップを狙いたい方

 

お仕事ラボ

交通費もお祝い金も貰える

全国300店舗を超える薬局チェーンの100%子会社が運営する薬剤師専門の人材紹介サービスです。

会社の代表取締役自身も薬剤師であるため、転職を希望する薬剤師の気持ちを汲んだ魅力的なサービスが数多くあります。

まず、実際に登録するだけで1万円、全国各地どこの企業(薬局)に面接に行っても3万円。

更に、実際に転職を決定した際に7万円のお祝い金が貰えます。企業(薬局)とのマッチング精度も高く、転職後の定着率は95.6%と驚きの数値です。

正社員から派遣・パートに至るまで幅広く求人を扱っているため、正社員希望じゃない方にもおすすめ。

徹底した薬剤師目線のサポートが利用者満足度90%以上という高評価にも繋がっています。

総合評価86点 ★★★★☆
対応エリア全国
雇用タイプ正社員、派遣社員、パート
登録方法WEB登録(1分|無料)
公開求人数31,197件 ※非公開求人あり
対応業種調剤薬局、ドラッグストア、OTC、病院・クリニック、企業
おすすめ層Uターン転職・就職を希望する方

 

薬剤師求人.com

2019年5月時点において、薬剤師求人.comの求人数は「85,401件」と非常に多くの求人をカバーしています。

時期によっては99,000件以上の求人があることもあるため、求人数をベースに薬剤師転職サイトを選びたい方にとっては筆頭候補となるでしょう。

しかし実は、薬剤師求人.comは「人材紹介会社を紹介する薬剤師転職サイト」なので、多くの求人を比較できるというよりは「薬剤師転職サイトを比較する手間が省ける」というのが本当の強みです。

薬剤師求人.comは「多くの薬剤師転職サイトと提携している薬剤師転職サイト」。

なんと34社もの転職サイトと提携しています。そのためいくつもの薬剤師転職サイトの求人を簡単に比較できる組みになっています。

薬剤師求人.comに掲載されている求人であれば、たとえ他の転職サイトの情報であっても新たに登録情報を入力する必要なく閲覧と応募が可能です。

いちいち複数のサイトに登録しなくていいのは大きな利点でしょう。

「たくさんの求人の中から最適な求人を見つけたい」という方にとって便利な薬剤師転職サイトです。

総合評価85点 ★★★★☆
対応エリア全地域、全国
雇用タイプ正社員、契約社員、派遣社員、パート
登録方法WEB登録(1分|無料)
公開求人数55,000件以上 ※非公開求人あり
対応業種調剤薬局、ドラッグストア、OTC、病院・クリニック、企業
おすすめ層キャリアアドバイザーとじっくり働き先を見つけたい方

 

会員登録後は求人サイトからの電話を待つ

薬剤師の求人サイトでは登録後に当日または数日以内に電話で本人確認をします。この電話で簡単な質問もありますので、あらかじめ希望のエリアや雇用形態だけは伝える準備をしておきましょう。

求人サイトによっては会員数10万人を超え、さまざまな転職理由や職場へのこだわり条件があります。とにかく給与アップしたい、人間関係や職場の雰囲気も重視したいなど、キャリアアドバイザーには遠慮せずにありのままに伝えましょう。

もちろん今は具体的な希望条件がなく、良い求人があれば転職を検討したいという方も、情報収集に活用することも大歓迎ですので、随時情報だけでも送ってもらうようにしましょう。

がんばってください。みなさまそれぞれにこれがいい転職の機会となれますように。

 

職種別・転職求人サイト一覧

 

転職求人サイト一覧【保存版】|転職・派遣・アルバイト別一括紹介

 

看護師転職サイト・ナース求人サイト|全国版 ベスト5社まとめ

 

介護職・資格なしでもできる仕事内容|業務内容・施設内容一覧

 

保育士・子供と関わる仕事内容の詳細紹介|資格なしでもできる

 

薬剤師転職サイト.公式.好評ベスト.50歳.60歳以上可.評判.比較.選び方.シニア求人.60歳からの仕事.おすすめ.調剤薬局.求人情報.70歳.育児.時短.勤務.採用.求人情報.60代.パート.時給.平均相場.女性.男性.病院.企業.ドラックストア.単発派遣.正社員.バイト.パート.募集.スポット.アルバイト.派遣会社

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!