介護転職サイトどこがいい|介護職求人・一番良いおすすめサイトは | [暮らし・生活] お役立ち情報サイト

介護転職サイトどこがいい|介護職求人・一番良いおすすめサイトは




【2020.3.9更新】

 

介護現場で無資格でできること、できないこと

無資格でも介護の職場で働ける?

実は介護の資格が無くても介護の職場で働くことはできます。

介護保険法において、現時点では施設における介護職員の資格が問われていないためです。

しかし、介護サービスの中には資格の取得が義務付けられているものもあります。まずは、資格がなくても行える仕事を見てみましょう。

 

 

無資格でできる仕事

送迎業務

車で利用者の自宅までの送迎を行います。デイサービスなどの介護施設と自宅の間を送迎するには自動車の運転免許が必要ですが、介護の資格は必要ありません。

 

生活援助

「食事の支度」「衣類の洗濯」「生活必需品の買い物」「薬の受け取り」といった、利用者の生活をサポートする家事などの業務を行います。

 

身体介護

「食事を口へ運ぶ」「入浴や排せつの介助」「衣類の着脱の手伝い」「ベッドや車いすなどへの移乗介助」といった、利用者の身体に直接触れる介助を行います。

 

事務系業務

介護報酬請求や事業所内のシフト調整、職員の福利厚生サービスの手続きなどの事務的作業を行います。
出典https://www.careshikaku.com/shoninshakenshu_guide/mushikaku

 

 

介護士資格なしでもOK!介護助手・介護補助ってどんな仕事?

介護の仕事をしてみたいけれど、介護士の資格を持っていないから仕事ができない。そう思っている人は多いでしょう。

しかし、介護士の資格がなくても、介護助手・介護補助の仕事であれば、介護の仕事を行うことができます。

介護の現場で介護士として働く人のそばで働くことができるので、役立つ介護の知識とスキルを磨くことが可能です。

以下では、まず介護助手・介護補助の仕事内容、メリットとデメリットについて説明します。また介護助手・介護補助におすすめな人と、なり方についても紹介します。

 

介護助手・介護補助の仕事内容

介護助手・介護補助の仕事内容としては、介護福祉士のサポートをするのが主な仕事です。

介護福祉士が専門的な介護業務に専念できるように、介護助手・介護補助はその仕事をサポートします。

介護施設の利用者の方が施設を気持ちよく使えるように掃除をしたり、食事の準備をしたり、送迎の手伝いをすることなどです。その他にも、介護士が指示した仕事をこなしていきます。

 

しかし、排泄や入浴のサポート等は、資格が無いとできません。そのため、介護助手・介護補助は話相手になったりといった、身体介護以外の業務を担います。

介護助手・介護補助に仕事をするにあたって国家資格が必要となることはありません。高齢化社会が急速に進んでいることから、厚生労働省は介護助手・介護補助の導入に積極的です。

さらに、介護業界は現在も人手不足であるため、介護助手・介護補助の求人は非常に多いです。

また仕事内容も多様化しているため、看護師などの資格をもった他業種の人も介護業界に入ってきています。

 

介護助手・介護補助のメリット

以下では介護助手・介護補助のメリットを紹介していきます。

 

介護の現場を体験できる

介護助手・介護補助の仕事をするメリットとしては、介護の現場を実際にみることができるということです。

介護の仕事に携わらない限り、実際に介護の現場で働く機会はなかなかありません。

しかし、介護助手・介護補助の仕事は実際に現場を見ることができるので、これから介護士を目指したいと考えている人にとってぴったりといえるでしょう。

 

時間の融通がきく

さらに、介護助手・介護補助の仕事は基本的にアルバイト・パート扱いとなるため、時間給になります。給料がどのくらいの時間働いたかによって支払われるため、ワークライフバランスが取りやすいのがメリットです。

自分が忙しい時期は、勤務を少なくして、忙しくない時期は勤務を増やすことが可能です。

小さい子どもがいる方や、まとまった時間がとれない方でも、介護補助・介護補助の仕事であればできるという方も少なくありません。

 

資格が不要

介護助手・介護補助は資格が必要ありません。

介護士に比べて、できる仕事は限られている反面、一度現場を見てから介護士になるかどうかを検討できるいい機会となります。担当する業務も比較的軽いものが多いので、安心してすぐに仕事を始められるところが介護助手・補助のメリットです。

 

短時間に区切って稼げる

介護業界は深刻な人員不足に陥っています。そのため、勤務時間が多少短くても人員確保のために雇ってくれるところが多いのです。

自分の都合に合わせて短時間担任でお金を稼ぐことができるのがメリットとして挙げられます。

 

介護助手・介護補助のデメリット

メリットがある反面、デメリットもあります。以下ではデメリットを紹介します。

 

給料が安い

介護助手・介護補助のデメリットとしては、まず給料面が恵まれていないことです。時間給となるため、介護福祉士などと比較すると、給料が安くなってしまう傾向があります。

殆どの場合、契約社員という形になるため、ボーナスや手当などもほとんどありません。

給料が少ない分、残業などはほとんどないというメリットがありますが、その分給料が下がってしまうのがデメリットです。

 

できる仕事が限られる

介護士ほど責任のある仕事を任せてもらえない点もデメリットとして挙げることができます。

介護士と同じ現場で働いていても、負担が大きい仕事や責任ある仕事を担当しない分、大きく対象者に関わる仕事を任せてもらえない場合が多いので、なかなか仕事のモチベーションが上がりにくいというデメリットもあります。

 

介護助手・介護補助におすすめな人

以上では、介護助手・介護補助の仕事内容と、メリットとデメリットを紹介しました。では、介護助手・介護補助の仕事はどのような人が合っているのでしょうか。

以下では介護補助・介護助手におすすめな人を紹介します。

 

介護士になりたいけど時間がない人

介護助手・介護補助におすすめな人としては、将来介護の仕事をしたいと考えているが、現在まとまった時間がとれないため資格取得まで至っていないという方があげられます。

介護助手・介護補助として働いておけば、介護士と一緒に仕事をすることになるので、資格を取得するための試験のアドバイスをしてもらえることもあるでしょう。

また実際の介護現場で使える知識やスキルも磨くことができます。

 

介護士になりたい主婦・子育てが一段落した人

さらに、小さな子どもがいてまとまった時間がとれないけれど、なにか介護の仕事がしたいという方や、子育てが一段落して時間に余裕のある人にも、介護助手・介護補助の仕事はおすすめです。

基本的に時間給となるため、時間の融通がきくというメリットがあります。フルタイムでは働けないけれど、時間を有効活用することができます。

また、介護業界では人手不足なため、求人数も多く採用されやすいのでおすすめです。

 

家族や知人の介護を経験した人

家族や知人の介護を経験したことのある人もおすすめです。実際に自分で介護を経験しているのは、介護の仕事をするうえで大きなアドバンテージとなります。

また、自分の介護経験を活かしながら場数を踏むことで、さらに介護のスキルを向上させていくことができます。

 

介護助手・介護補助のなり方

では、どのようにして介護助手・介護補助の仕事を探せばいいのでしょうか。以下では介護助手・介護補助のなり方を紹介します。

 

公共施設にある求人誌をチェックしてみる

介護施設の求人は介護助手や介護補助の仕事の求人が、市役所や駅などに置かれている無料の求人誌などに掲載されている場合があります。

地方では介護士が足りていないため、その需要も高く、介護助手・介護助手の仕事もたくさんあります。地方の求人誌などもチェックしてみることが大切です。

 

インターネットで探してみる

介護助手・介護補助の求人はインターネットで公開されている場合もありますし、転職サイトなどで探すこともできます。インターネットで仕事を探してみるのが最も一般的な方法と言えるでしょう。

介護助手・介護補助の求人を探す際におすすめなのが、介護の求人情報を中心に扱われているサイト、かいご畑です。資格なし、未経験での勤務が可能な求人もたくさん掲載されています。

また、専任コーディネーターがサポートしてくれるので、安心して求人を探すことができます。さらに、全国の求人をカバーしているため、地方の求人もたくさんあります。

本格的に介護補助・介護助手の仕事に就くことを検討していない人も、求人情報にアクセスできる環境を整えておくだけで、本格的に検討するときにかなり役に立つでしょう。
出典https://myjobstep.jp/post/14539

 

 

無資格ではできない介護の仕事

無資格ではできない仕事は訪問介護です。上記にあげた生活援助や身体介護は、施設においては無資格でも行えますが、訪問介護では資格がないとできません。

訪問介護では利用者の家を訪問し、食事や入浴介助、排泄介助などの身体介護から、食事の用意や掃除、買い物などの生活援助を行います。

訪問介護員は基本的に1人で様子や状況を見て判断を行うことが多いので、専門的な知識と技術を求められます。そのため、介護保険法において介護職員初任者研修以上の資格が必須と定められています。

 

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)修了者ができること

介護職員初任者研修は2013年度以前のホームヘルパー2級に該当します。そのため、介護職員初任者研修を修了した人はホームヘルパー2級修了者と同じく、訪問介護の仕事ができます。

もしも家族に介護が必要になったときにも、介護職員初任者研修を取得しておけば、学んだ知識と技術を活用することができます。

 

介護の資格は必要?

無資格でも施設で働くことはできますが、転職・就職の際には資格取得者が優先されることが多いのが現状です。法で定められてはいないものの、応募条件を「介護職員初任者研修以上の資格取得者」としている事業所もあります。

資格を持っている人は、介護の知識と技術を身に付けていると認められ、入社後すぐに戦力として活躍できると期待されるからです。

無資格の人は、まずは介護職員初任者研修を修了するのがおすすめ。

介護職員初任者研修を修了すると、上位資格である実務者研修の受講時に、カリキュラムの一部が免除されます。実務者研修のカリキュラム450時間以上のうち、介護職員初任者研修のカリキュラムと同様の内容である130時間が短縮されます。

将来的に介護福祉士国家資格を目指す場合、実務者研修は必須資格なので、まずは介護職員初任者研修、その後に実務者研修を修了すると、スムーズにステップアップができるでしょう。
出典https://www.careshikaku.com/shoninshakenshu_guide/mushikaku

 

 

介護職の求人サイト 徹底比較【厳選4社】

 

かいご畑

かいご畑

かいご畑は、介護職に特化した転職支援サービスです。

関西、関東、九州地方に対応しており、転職支援のサポート力は非常に高いと口コミでも評判です。

同社へ来社して面談を行う必要がありますが、希望の条件に沿った仕事の紹介力は高く、独占求人も多いので行く価値は高いです。

早く就労先を決めたい意欲の高い方には特におすすめの介護転職サイトです。

対応地域 関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県) 関西(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県) 九州・沖縄(福岡県)

求人数 約10,000件以上




・専任コンサルタントが就労を強力にサポート
・給与週払いサービスあり
・友だち紹介で1万円ギフト券プレゼント

 

介護のお仕事

「介護のお仕事」の画像検索結果

MC-介護のお仕事は、メディカル・コンシェルジュが運営する介護・福祉業界に特化した介護求人サイトです。

全国地域に対応しており、求人情報のみではなく人材紹介サービスも提供しており、無料で転職をサポートしてもらえます。

介護職専任のキャリアコンサルタントが担当してくれるので、日々の仕事の不安や悩みも気軽に相談しやすいと口コミでも評判です。

約8割が非公開中人なので、まずは無料相談がおすすめ。

Web経由でサイトへ登録して就労が決まると最大3万円の祝い金ももらえます。

対応地域 全国に対応 関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県) 関西(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県) 東海(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県) 北海道(北海道) 東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県) 甲信越・北陸(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県) 中国・四国(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県) 九州・沖縄(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

求人数 約20,000件以上

・介護職専任のキャリアコンサルタントがサポート
・約8割が質の高い非公開求人
・Web経由で登録し就労が決まると最大3万円の祝い金贈呈

 

マイナビ介護職

「マイナビ」の画像検索結果

マイナビ介護職は、国内大手の総合人材会社のマイナビグループが運営する介護職に特化した転職求人サイトです。

大手の中では他社と比較しても特に医療介護の業界に力を入れており、介護の分野には特に強いのが特長です。

「大手のプロのキャリアアドバイザー」「介護分野の非公開求人の質・量の良さ」が魅力です。

関東地方全域のほか、関西、名古屋、静岡などに対応しています。キャリアアドバイザーはとても親身にサポートしてくれることで評判なので、転職がはじめての人や2回目の人にもおすすめです。

対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

求人数 約10,000件(非公開求人多数あり)

 

ケアジョブ

ケアジョブって営業電話がしつこい?口コミ・評判から徹底検証

ケアジョブに登録した場合、資格を持っているとより多くの求人から職場を探すことができます。好条件の求人を多く取り扱っているため、利用満足度も高い人気求人サイトです。

地域に精通した転職のプロがスピーディーに求人紹介してくれます。コンサルタントがさまざまな悩みや要望に応じて親切、丁寧に対応してくれるのが満足度につながっています。

地域最大級の求人数の中でも非公開求人が豊富で、専任のコンサルタントが就職先の担当者と普段から頻繁にコンタクトを取っています。ケアジョブだけの非公開求人も多数あります。

地域最大級の求人数で、北海道、東京、兵庫、広島、岡山、福岡などの主要都市においても取引先が多く、人気の施設・企業・病院など豊富な求人を揃っています。

対応地域 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、岡山、広島、鳥取、島根、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

求人数 70,026件+非公開求人(2019年2月現在)

 

 

施設別で見た介護職の仕事内容を解説

 

介護職の仕事内容

特養の場合

特別養護老人ホーム(通称:特養)は、認知症の方や寝たきりの方など比較的要介護度の高い高齢者が入居する公的な介護施設。医療の場というより生活の場の色合いが強いことや、公的施設のため料金が安く、多くの待機者が空きを待っていることなどが特徴です。

介護職員の主な仕事は、利用者の方の日々の生活をサポートすること。終の住処として入居してこられる方が大半なので、お一人おひとりと信頼関係を深めながら介護にあたることができます。

具体的には、おむつ交換や排泄介助、入浴介助や食事の介助といった身体介護をメインに、リネン交換やレクリエーション、介護記録の作成といった業務も必要になります。加えて入居者の方のご家族とコミュニケーションをとることも大切な業務のひとつ。

お年寄りと接するのが好きな方や、認知症への対応など介護のスキルを磨きたい方におすすめの職場です。新人研修や教育体制が充実している施設であれば、未経験から介護の基本を学びたいという人にもおすすめです。

 

介護職の仕事内容

老健の場合

介護老人保健施設(通称:老健)は、リハビリや医療ケアにより機能を回復して自宅復帰することを目標とする介護施設。特養のように終身制ではなく、3ヵ月ごとに退所可能か入所継続かの判定が行なわれることも特徴です。

入所者の方の回復や復帰を意識したサービスが求められており、介護職員以外にも、医師や看護士、理学療法士など、リハビリの専門家が常駐し連携して業務にあたっています。

主な仕事内容としては、おむつ交換や排泄介助、入浴介助や食事の介助といった、いわゆる介護のお仕事のほかに、ベッドメイキングやリハビリといった業務があります。リハビリは、その人に合わせてつくられたリハビリ計画に基づいて、運動やマッサージを中心に行ないます。その代わりにレクリエーションなどは少なくなっています。

リハビリに興味があったり、医師や他の職種の人と協力して仕事をしてみたい方におすすめです。

 

介護職の仕事内容

有料老人ホームの場合

民間企業が運営し、入居者の方にきめこまかな介護サービスや生活支援を行なう有料老人ホーム。施設長をトップに、介護職員、看護士、機能訓練指導員、調理師、事務員などさまざまな職種のスタッフが協力して、ケアやサポートを行なっています。

ここでの介護職の具体的な仕事内容は、食事や排泄の介助、おむつ交換や入浴介助、レクリエーションの実施や業務記録の作成等になります。

民間企業が運営していることもあって、顧客満足度を重視しているところが多く、質の高い介護や接遇スキルを学ぶことができます。また、介護の現場でスキルを身に付けて施設長になったり、本社に異動したりといった、民間企業ならではのキャリアアップの可能性もあります。

 

介護職の仕事内容

病院の場合

病院で働く介護職は、看護助手や看護補助者などとも呼ばれ、近年ニーズが高まっています。主な仕事内容は、入院患者の身の回りのお世話と、看護士の補助業務。具体的には、体の自由がきかない患者さんの食事や排泄、入浴といった身体介助から、ベッドのシーツ交換、カルテの整理や医療器具の管理、点滴などの医療行為の補助等が挙げられます。

実際の医療現場で働くことで医療関連の知識やスキルが磨かれるため、医療に興味のある人にはおすすめの職場です。また将来的にケアマネを目指している場合は、医師との連携も大切になってくるため、多くの医師や看護士と話す機会をもつことはよい経験になるでしょう。

ただし、病院は医療の場なので、第一優先は病気やケガを治すことになります。そのため、治療のためならば高齢者のQOL(生活の質)を後回しにすることも。そうした方針の違いがあることを理解して、自分のしたい介護と食い違いがないかは確認しておきましょう。

 

介護職の仕事内容

グループホームの場合

グループホームとは、認知症高齢者の方が専門スタッフの援助を受けながら、5〜9人をひとつのユニットとしたグループで共同生活を行なう施設です。

身体は元気な方が多い施設では、ほかの介護施設に比べると身体介助の機会は少ないようです。代わって多い仕事内容としては、認知症の方と一緒に料理を作ったり、掃除や洗濯といった共同作業を行なうこと。認知症の進行防止のために、過去の経験や趣味を活かした役割をもっていただくことが積極的に行なわれています。

認知症の人は新しく出会う人を認識するのが難しいこともあり、少人数制で家庭的な雰囲気が特徴です。アットホームな雰囲気のなかで、一人ひとりの方にじっくりと寄り添うことができます。認知症ケアに興味のある人や、深い知識・経験を積みたい人におすすめの職場です。

 

介護職の仕事内容

サ高住の場合

サービス付き高齢者向け住宅(通称:サ高住)は、バリアフリーに対応した高齢者専用の賃貸住宅。入居基準は、60歳以上で自立〜軽度の要介護までとなっているため、ほとんどの方が自立した生活を送っています。

介護職の仕事内容としては、直接体に触れてサポートする身体介助はさほど多くなく、安否確認や見守り、生活相談といった部分が大半。しかしサ高住に訪問介護事業所が併設されている場合、サ高住の常駐スタッフが訪問介護職員を兼任することが多いため、入居者の方の依頼に応じて身体介助をすることもあるようです。

サ高住は施設によって仕事の幅や雰囲気が大きく異なることが多いので、具体的な仕事内容については施設ごとにしっかり確認することが大切です。
出典https://kaigo-garden.com/work/133/2/

 

まとめ

介護士の仕事内容は、高齢の要介護者などのサポートで、身体介護・身の回りの世話などがあります。

老人ホームや病院など職場によって仕事内容が異なります。また、介護福祉士などの資格があると仕事に幅がでます。

専門性が高そうな介護職ですが、実は未経験でも目指すことができます。

身の回りの世話をするなど、高齢者の生活をサポートしたいという気持ちがあれば、ぜひチャレンジしてください。
出典https://www.manpowerjobnet.com/haken_guide/jobtype/kaigo/

 

介護職に必要な資格とは

介護助手・介護補助は、無資格でも食事の用意・部屋の清掃などに携わることができます。

排泄・入浴補助など、利用者の体に触れる身体介護やメンタル面でのケアは資格がないとできません。

介護関連の資格があれば、老人ホームなどの介護施設・訪問介護など、場所を問わず働けます。

訪問介護などに指示を出すためにはケアマネージャーの資格が必要です。介護関連の主な資格は次の5つです。

 

介護職員初任者研修

利用者の身体に触れる身体介護の仕事をするために必要な資格です。食事・着替え・入浴介助などが行えるようになります。受験資格は不問です。通信講座や短期講座などもあるので、家事や仕事をしながらでも挑戦しやすい資格です。

 

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修の次のステップとなる資格です。知識と技術を磨くことを目的としています。サービス提供責任者として働けるようになります。たん吸引など、簡単な医療的ケアを行えるようになります。さらに次のステップの介護福祉士を目指す場合は、介護福祉士実務者研修の資格が必要になります。

 

介護福祉士(ケアワーカー)

取得方法としては介護福祉士資格取得の指定校の科目・単位を取得後、卒業しているか、試験に合格する必要があります。受験資格は3年以上の介護経験があり、介護福祉士実務者研修を所得した人が受けられ、介護職唯一の国家資格です。身体介護・生活支援の提供の他、在宅介護に関する相談も受けられます。就業先では、介護現場のリーダーとして働けるようになります。

 

ケアマネージャー

介護福祉士・社会福祉士などの資格をもち、実務経験と相談員の経験が5年以上ある人が受けられる国家資格です。介護が必要な人へ適切な介護サービスが受けられるようケアプランを作成できるようになります。

 

介護事務

いくつかの民間団体によって、取得できる資格がいくつかあります。介護事務管理士、介護保険事務管理士、ケアクラークなど呼び名は異なりますが、内容はほぼ同じです。介護保険などの知識のほか、レセプトの作成方法なども学びます。また介護事務では介護ソフトを使用することも多く、パソコンスキルが必要とされます。

 

職種別・転職求人サイト一覧

 

転職求人サイト一覧【保存版】|転職・派遣・アルバイト別一括紹介

 

薬剤師転職サイトを厳選!年収アップ、求人サイトの選び方まとめ

 

看護師転職サイト・ナース求人サイト|全国版 ベスト5社まとめ

 

保育士・子供と関わる仕事内容の詳細紹介|資格なしでもできる

 

介護転職サイト.どこがいい.介護職.介護求人.一番良いサイトは.おすすめ.比較ナビ.ランキング.職員.仕事.介護士.施設内容.評判.資格なし.40代.50代.未経験.女性.男性.中高年の就職探し.訪問介護.働きながら.資格取得.通信.50歳からの介護の仕事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!